特定健康診査

特定健康診査とは

特定健康診査 (特定健診) とは、厚生労働省により平成20年4月から実施が義務づけられた、内臓脂肪型肥満に着目した健康診査です。
主として、メタボリックシンドローム (内臓脂肪症候群) の該当者を割り出すことを目的としています。
実施年度中に40歳~74歳になる、健康保険に加入している全ての人が対象となります。

検査項目 (必須)

検査内容を合理化。必要な検査を半日で受けられる、お忙しい方でも安心のコースです。

  1. 既往歴の調査 (服薬歴及び喫煙習慣の調査を含む)
  2. 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  3. 身長、体重及び腹囲の検査
  4. BMI ( BMI = 体重(kg)/身長(m)² ) の測定
  5. 血圧の測定
  6. GOT、GPT及びγ-GTPの検査
  7. 中性脂肪、HDLコレステロール及びLDLコレステロール量の検査
  8. 空腹時血糖及びHbA1c検査
  9. 尿中の糖及び蛋白の有無の検査

検査項目 (選択項目)

医師が必要と判断した場合は次の検査項目も実施されます。

  1. 心電図検査
  2. 眼底検査
  3. 血液検査 (ヘマトクリット値、血色素量 [ヘモグロビン値]、赤血球数)
ページTOPへ戻る