お申込方法

新横浜メディカルサテライト健診センター 開設のお知らせ

2015年12月11日、厚木に続き新横浜に健診センターをOPENいたしました。
地域の皆様に安心と快適な健診をご提供して参りたいと考えております。
簡単ではございますが、場所・施設の紹介をさせていただきます。

新横浜について

「港町・横浜市の新幹線における玄関口となる駅」というのが一番有名かもしれません。1964年東海道新幹線開業に伴いJR横浜線との交点に開業しました。その後1985年横浜市営地下鉄(ブルーライン)の開業、2019年以降には相鉄線二俣川方面と東急目黒線・東横線日吉方面が乗り換えなしで結ばれ、東京都心方面、県央方面との利便性が向上する予定です。他、ラーメン博物館・横浜国際総合競技場(日産スタジアム)・横浜アリーナ等はすでに広く知れ渡るところではございますが、近年では2008年に地上19階、地下4階の駅ビル(キュービックプラザ新横浜)が完成し、ますますの発展をみせています。

施設の紹介

『清楚でエレガント』をコンセプトに設計しました。

エントランス待合室では、やさしい木材を白色に染めて木肌を出し、清楚でやさしい温もり感を。また、その中にクラシックなディティールをキラッと光る素材で盛り込む事によりエレガント感も同時に表現しております。健診スペースでは落ち着いてご受診いただけるよう白と茶を基調にデザイン。スペース・部屋ごとに配色を変えております。

人間ドックは当日の検査結果を医師が説明します。

健診終了後、提携先のレストランで食事をとってご休憩いただき、午後から医師が検査結果をご説明します。

快適にお過ごしいただくために。

待ち時間を長くとらせないよう、通過管理システムを導入しました。混み具合を平準化することによりスピーディに快適に受診いただきたいと考えております。

コミュニケーションを大切に考えております。

受診者様、医師、職員の相互コミュニケーションを大切にし、常に受診者様の立場で考えた運営に徹します。情報開示、医療過誤防止、正確で質の高い健診サービスに努めることを職員一同約束いたします。

皆様のための健診センターを目指します。

経年的な健康管理や健康の保持増進に当健診センターを是非ともご利用ください。

主な設備検査機器

胃部X線装置 2台 上部内視鏡 1台
胸部X線装置 1台 超音波(腹部・乳房) 3台予定
ヘリカルCT 1台 マンモグラフィ 1台
ページTOPへ戻る