コース案内

人間ドック

日帰りドック
検査内容を合理化。必要な検査を半日で受けられる、お忙しい方でも安心のコースです。
シニアドック
日帰りドックの項目を基本に、負担のかかる検査を簡略化してあります。
ミニドック
日帰りドックの検査項目を更に絞込み、お手軽価格にてお受けいただけます。

健康診断

① 生活習慣病予防健診
当センターのオリジナルコースです。
② 簡易健診・定期健診
労働安全衛生規則第44条により、労働者に対して、1年以内ごとに1回実施する必要があります。
(34歳以下及び36~39歳の方は、省略可能な検査があり、当院では簡易健診として実施しております。)
③ 雇入時健診
労働安全衛生規則第43条により、労働者を雇い入れた際に実施する必要があります。
なお、健康診断の項目を省略することはできません。
④ 特定業務簡易健診・特定業務健診
労働安全衛生規則第45条により、特定業務に従事する労働者に対して、当該業務への配置替えの際及び6ヶ月以内ごとに1回実施する必要があります。
特定業務の内容については労働安全衛生規則第13条第1項第2号を参照してください。
⑤ 深夜業務健診
労働安全衛生法第66条の2により、深夜業に従事する労働者が自己の健康不安により自発的に受診した場合、事業者は特定業務健診1回分として事後措置等を講ずる必要があります。
⑥ 海外派遣健診
労働安全衛生規則第45条の2により、労働者を6ヶ月以上海外に派遣する場合、6ヶ月以上海外勤務した労働者が帰国した後に国内の業務に就かせる場合に実施する必要があります。
医師が必要と判断した場合、追加項目を実施することがあります。

人間ドック・健康診断 検査項目・検査料金一覧

※価格はすべて税別です。
※左にスクロールすると表全体がご覧いただけます。
人間ドック 健康診断

生活習慣病
23,000円
簡易・定期
雇入時
9,000円
特定業務
深夜業
9,000円
海外派遣
日帰り
45,000円
シニア
30,000円
ミニ
30,000円
定期
9,000円
定期簡易
4,500円
特定業務
8,000円
簡易
3,500円
簡易
9,000円
海外派遣前
28,000円
海外帰国時
28,000円
健康調査 既往症・自覚症状・他覚症状
医師診察 問診
一般診察・聴診・視診
結果説明・生活指導
身体計測 身長・体重・肥満度・BMI・標準体重
腹囲
眼科検査 視力(5m 裸眼または矯正)
眼圧検査(両眼)
眼底(両眼)
聴力検査 オージオメータ
(1,000Hz[30dB]・4,000Hz[40dB])
オージオメータ
(1,000Hz[30dB]・4,000Hz[30dB])
血液学的
検査
赤血球数・血色素量
白血球数・ヘマトクリット・MCV・MCH・MCHC
血小板数
脂質代謝 中性脂肪・HDLコレステロール・
LDLコレステロール
総コレステロール
肝機能 GOT・GPT・γ-GTP
A/G比・アルブミン・LDH
ALP
総蛋白
腎機能 クレアチニン・eGFR
尿素窒素
尿酸
糖代謝 空腹時血糖
HbA1c
血清学的検査 梅毒血清反応(RPR法・TPHA法)・RF(定性)・ASO
CRP(定量)
B型肝炎(HBs抗原定性)・C型肝炎(HCV抗体定量)
血液型(ABO式・Rh式)
尿検査 蛋白・糖
潜血・PH・ウロビリノーゲン・比重
沈渣
△蛋白または潜血が陽性時に実施
循環器系
検査
血圧
心電図(安静時)
心拍数
呼吸器系
検査
胸部レントゲン直接1方向
胸部レントゲン直接2方向(正面・側面 デジタル撮影)
肺機能
喀痰細胞診
消化器系
検査
上部消化管X線撮影(デジタル撮影)
※体重制限あり 100Kgまで
上部消化管内視鏡
便潜血反応(RPHA2日法)
糞便塗抹(虫卵)
糞便培養(赤痢、サルモネラ、ビブリオ、O157、腸チフス、パラチフス)
血清アミラーゼ
ペプシノゲンⅠ・ペプシノゲンⅡ・
ペプシノゲンⅠ/Ⅱ比
超音波
検査
腹部超音波
(胆嚢・肝臓・膵臓・腎臓・脾臓)
◇:オプションで内視鏡検査へ変更可能

検査項目・検査料金一覧 (PDF)

検査項目・検査料金一覧(PDF)

  • ※労働者災害補償保険法第26条にある、労災保険の二次健康診断は実施しておりません。
  • ※各コース、オプション検査は予約制となりますのでお申し込みの際は下記までご連絡下さい。
  • ※平成20年度より開始された特定健診・特定保健指導を受診するには、当センターと受診者の加入している組合(健康保険組合・共済組合・各種連合会等)が契約を取り交わしている必要があります。
  • ※当センターで設定されているコース、オプション以外の検査は実施いたしておりませんのでご了承ください。なお、指定の用紙等へ記入が必要な場合は、診断書料として別途3,000円(税別)がかかります。

特定健康診査

特定健康診査(特定健診)とは、厚生労働省により平成20年4月から実施が義務づけられた、内臓脂肪型肥満に着目した健康診査です。
主として、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者を割り出すことを目的としています。
実施年度中に40歳~74歳になる、健康保険に加入している全ての人が対象となります。

検査項目(必須)

検査内容を合理化。必要な検査を半日で受けられる、お忙しい方でも安心のコースです。
  1. 既往歴の調査(服薬歴及び喫煙習慣の調査を含む)
  2. 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  3. 身長、体重及び腹囲の検査
  4. BMI(BMI = 体重(kg)/身長(m)2)の測定
  5. 血圧の測定
  6. GOT、GPT及びγ-GTPの検査
  7. 中性脂肪、HDLコレステロール及びLDLコレステロール量の検査
  8. 空腹時血糖及びHbA1c検査
  9. 尿中の糖及び蛋白の有無の検査

検査項目(選択項目)

医師が必要と判断した場合は次の検査項目も実施されます。
  1. 心電図検査
  2. 眼底検査
  3. 血液検査(ヘマトクリット値、血色素量 [ヘモグロビン値]、赤血球数)

オプション検査のご案内

  • 人間ドック、各健診コースに対応したオプションをこ用意しています。
  • オプション検査は事前予約が必要です。受診日より前にお電話にてこ予約ください。
    オプションの申し込みはこちら
    045-471-3855

オプション検査部位

腫瘍マーカー検査(血液検査)

  • 食道
    CEA
  • 肺
    CYFRA21-1・CEA・Pro GRP
  • 乳腺
    CA15-3・CEA
  • 肝臓
    AFP
  • 胆管・胆のう膵臓
    CA19-9・CEA
  • 胃
    CEA
  • 大腸
    CEA
  • 子宮
    CEA
  • 卵巣
    CA125
  • 前立腺
    PSA

生体・検体検査(画像・血液・尿検査)

  • 脳
    頭部CT検査
    MCIスクリーニング検査
  • 甲状腺
    TSH・FT3・FT4(血液)
  • 肺
    喀痰細胞診
    胸部CT検査
  • 心臓
    BNP(血液)
  • 腹部・臓器
    腹部CT検査
    内臓脂肪測定
  • 肝臓
    肝機能検査(B型・C型)
  • 乳腺
    マンモグラフィー(X線)
    乳腺エコー(超音波)
    乳房視触診(超音波)
  • 子宮卵巣
    子宮頸部細胞診
    経腟エコー(超音波)
  • 胃
    ペプシノゲンI・II・I/II比(血液)
    H.ピロリ抗体(血液)・ABC検診

人間ドック専用オプション

項目 料金(税別) 備考
上部消化管内視鏡検査 2,000円 コース内の胃レントゲンの代わりに行います。

全コース共通オプション

項目 料金(税別) 備考
胸部CT検査 18,000円 胸部CTによる肺癌発見率は、胸部X線写真に比べて10倍程度高いとされています。
40歳以上の全ての方、とりわけ喫煙歴のある方にお勧めします。
頭部CT検査 12,000円 頭部の断層撮影を短時間(5分程度)で行います。
脳内を輪切りにした画像から脳梗塞・脳腫瘍・脳出血・くも膜下出血・正常圧水頭症等の病変がわかります。
腹部CT検査 12,000円 身体をらせん状に連続撮影するヘリカルCTで撮影します。
短時間で腹部の臓器全体を細部まで鮮明に画像化することができます。
内臓脂肪測定 3,000円 CTにより内臓脂肪と皮下脂肪を計測します。
喀痰細胞診 2,400円 痰を3日間採取し調べます。肺癌の確定診断のみならず、肺癌の早期発見にも有効です。
子宮頸部細胞診 4,000円 子宮頸癌の診断には、必須の検査です。
マンモグラフィー(X線) 5,000円 小さな腫瘍や石灰化の病変を診断することができます。
乳腺エコー(超音波) 5,000円 超音波検査で診断します。触診との併用が望ましいです。
経腟エコー(超音波) 5,000円 超音波をあて子宮や卵巣などの状態を診断します。
乳房視触診 2,000円 医師による診察にて診断。
各種診断書 3,000円 指定用紙への転記
骨強度評価
(超音波パルス透視)
1,000円 超音波による骨強度の定量測定。
動脈硬化検査(血圧脈波) 1.000円 心臓から押し出された血液により生じた拍動の伝わる速度を測定します。
TSH,FT3.FT4 5,000円 甲状腺機能検査(血液検査)
BNP 4,000円 心臓機能検査(血液検査)
ペプシノゲン
Ⅰ・Ⅱ・Ⅰ/Ⅱ比
2,500円 血液検査で胃粘膜の萎縮の有無を調べ、胃がんのスクリーニング検査として有効です。
H.ピロリ抗体 2,000円 血液検査で胃癌の原因となるピロリ菌感染の有無を判定します。
ABC検診 4,500円 ペプシノゲン検査とピロリ抗体を合わせて検査する、血液検査による胃がんリスク検診です。
肝機能検査
B型肝炎抗体(定性)
2,000円 B型肝炎ウイルスの感染の既往を調べます。
陽性所見で過去に感染歴があり、免疫ができている状態です。
肝機能検査
B型肝炎抗原(定性)
2,000円 B型肝炎ウイルスの感染の有無を調べます。
肝機能検査
C型肝炎抗体(定量)
3,000円 C型肝炎ウイルスの感染の有無を調べます。
MCIスクリーニング検査 20,000円 認知症の発症リスクを血液検査で調べます。
アレルギー検査 12,000円 採血によりアレルギーの原因を調べます。
血液型 1,000円 A、B、AB、O型の血液型とRhの型が分かります。

※オプションの血液検査は別途採血の必要ありません。


腫瘍マーカー

腫瘍マーカーとは…
  • がん細胞が産生する物質のことで、発生臓器と関連があります。
  • 診断や経過観察、治療効果や再発の判定に役立ちます。
  • 陽性だからといって必ず[がん]であるとは限りません。

項目 料金(税別) 備考
CEA 3,000円 食道、肺、胃など全般
AFP 3,000円 肝臓
CYFRA21-1 4,000円
CA19-9 3,000円 胆管、胆のう、膵臓
PSA 3,000円 前立腺
CA125 3,000円 卵巣
CA15-3 3,000円 乳腺
Pro GRP 3,000円 肺癌

ご予約方法はこちら